阪神労働保険事務センターはウクライナ避民への支援を行っています

詳しくはこちらのリンクご参照くださいEnglish / українська

図解

年次有給休暇

年休付与日数表

一般的な場合

年次有給休暇は、労働基準法第39条に記載された定めに従って、勤続年数ごとに下記の表の日数が付与されます。一般的な場合とは、雇い入れ日から6か月以上の継続勤務および出勤率が80%以上のフルタイム労働者を対象としています。

勤続年数 6カ月 1年6カ月 2年6カ月 3年6カ月 4年6カ月 5年6カ月 6年6カ月以上
付与日数 10 11 12 14 16 18 20

パートタイム労働者の場合

パートタイム労働者は週所定労働時間がフルタイム労働者とは異なるため、上記の表のような付与日数ではなく、週所定の労働日数に応じて「比例付与」されます。パートタイム労働者とは、週4日以下かつ週30時間未満もしくは年216日以下かつ週30時間未満の労働時間の労働者を対象としています。

週所定労働日数 1年間の所定労働日数 継続勤務年数
6カ月 1年6カ月 2年6カ月 3年6カ月 4年6カ月 5年6カ月 6年6カ月以上
付与日数(日) 4日 169日~216日 7 8 9 10 12 13 15
3日 121日~168日 5 6 6 8 9 10 11
2日 73日~120日 3 4 4 5 6 6 7
1日 48日~72日 1 2 2 2 3 3 3

出勤率の計算式

フルタイム労働者が年次有給休暇取得条件を満たしているかを判断する際の指標となる「出勤率」とは、下記の計算式で算出されます。

年次有給休暇の詳細については、「お役立ち情報:年次有給休暇」をご確認下さい。

まずはご相談ください

078-841-2413

受付時間:平日9時~17時

受付時間:24時間365日